PAGE TOP

ロジスティクス営業部 開発課 主任 / 営業 / キャリア

上原 優作

広島支店に入社し、社内公募で福岡の九州支店に異動。その後、一度退職して情報処理技術を学んだ後、2014年に再入社。現在は営業職として九州全域および沖縄を飛び回り、新しいお客様の開拓に取り組んでいる。

「勉強したい」と一度退職したものの再入社。
現在はチームGOALの一員としても奮闘中。

実は、私はこの会社を一度退職しています。以前に在籍していた時は、物流現場のデータを分析して改善する業務を担っていましたが、知識が足りないことを痛感して……。そこで情報処理をきちんと学びたいと、思い切って会社を辞めて専門学校に入学。卒業後、今後の自分のキャリアについて悩んでいたときに、かつてお世話になっていた上司に相談したところ、『戻ってくれば』と声をかけてもらったのが嬉しく再入社しました。
復帰後は、これまで得たことを活かして、企業のお客様の課題を解決したいと希望し、いまは営業を担当しています。佐川急便をはじめとするSGホールディングスグループ各社の営業担当が結集し、チームを組んで物流課題を解決する“GOAL”のメンバーとしても奮闘しています。

豪雨で被災した住民の方々を
物流を通して支援し、社会貢献を実感。

物流で困りごとを抱える企業を訪問し、解決策を考えて提案していくことが私の仕事。お客様の経営課題に対してソリューションを提案できることはもちろん、ときには社会貢献につながる仕事を担うこともあります。たとえば2017年夏、九州北部豪雨で大きな被害が出ました。そのとき私はチームGOALの一員として被災地を支援するため、自治体に代わって救援物資を当社で管理し、我々自身が各避難所へ供給する体制を作りました。
これは非常に意義のある取り組みとしてSGホールディングスグループ内で表彰され、翌年におきた西日本豪雨の際にも、現地から「同じような体制を作りたいので力を貸してほしい」と直々に相談を受けました。こうして自分の仕事が世の中に役に立っていると実感できる時、とてもやりがいを感じます。

九州での物流自動化プロジェクトにも参加。
いろんな経験ができるから面白い。

当社は本当にいろんなチャンスがあり、いろんな経験ができる会社です。私も先日、SGホールディングスグループ全体で実施された「次世代リーダー研修」に選抜されて参加しました。グループ内の別事業会社の社員と交流し、視野を大きく広げることができました。
また現在、九州支店においてAIやIoT、自動認識技術などを利用した物流設備を導入するプロジェクトを進めています。こうした先進技術で物流を自動化し、どのようなお客様のニーズにもすぐに対応できる仕組みを作ることが私のいまの目標です。東京で開かれる展示会などにもよく足を運び、積極的に最新の技術をリサーチしています。今後もさまざまなキャリアを重ねて、お客様からも、社内からも、絶対的に信頼される人材になりたいと思っています。

新卒募集要項はこちら

MORE

キャリア募集要項はこちら

MORE