導入事例

タブレット端末導入による作業標準化

環境負荷の低減、物流コスト削減、サービスレベル向上が課題

環境負荷の低減、物流コスト削減の一環として、ピッキングリストのペーパーレス化のご相談をいただきました。

また、エンドユーザー様の問い合わせや、発送対応の早急なレスポンスに向けたサービスレベルの向上を図りたく、作業状況のステータス、及びデータ管理の強化といった、管理システムの見直しも希望されていました。

これらの問題・課題を一括して解消する方法を、何度も協議を重ね、荷主様システムの見直し、及びペーパーレスでのピッキング業務改善に取組みました。


タブレット端末の導入による作業効率化

タブレット端末に商品写真を表示することで、作業時の商品特定のスピードアップを図ります。

また、荷主様側の要望であったペーパーレス化、ステータス管理も同時に可能にしました。

今までリストをもとに目視で行っていた、出荷検品作業にもタブレット端末を導入し、更なる品質向上に取り組んでいます。

ピッキング作業全体の生産性が1.7倍に!

お客様のご協力のもと、ピッキング作業にタブレット端末を導入することで、ピッキングリストをもとにした品番・商品名でのピッキングから、商品写真による視覚的なピッキングを実現させ「商品探し」時間を大幅に削減。

ピッキング作業における「商品を探す」時間は、78.5%の削減という結果となりました。

ピッキングミスも減少

タブレットで色や形、模様や柄等の特徴を視覚的に判断できるようになったことで、ピッキング時の商品間違いが大幅に改善されました。

出荷量が急速に伸びている中で、作業品質の向上に成功したということは、オペレーションセンターにとっても大きな自信となりました。

資料ダウンロード(無料)

こちらの改善事例の詳しい資料は、下記ダウンロードフォームよりダウンロードいただけます。

※佐川グローバルロジスティクスでは、全現場全員参加での「KAIZEN大会」「アイデア大会」も開催しております。

オペレーションセンター管理者だけでなく、作業者一人ひとりが、常に「改善」への取り組みを意識することで、よりよい品質、よりよいサービスを実現しております。

お客様の物流における悩み等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。